メニュー

舌下免疫療法

舌下免疫療法ってなに?

アレルギー性鼻炎の治療には、抗ヒスタミン薬や点鼻薬などのお薬の治療が主に用いられます。これらはアレルギー反応の様々な経路に作用し、症状を抑えてくれます。
 
これに対し舌下免疫療法は、体質改善を目指す治療です。
アレルギーを起こす原因となる物質(アレルゲン)から抽出したエキスを薬とし、毎日内服することで徐々に体を慣らしていきます。
 
現在はスギとダニの2種類のお薬があります。
 
スギは花粉が飛んでいない期間(6月〜12月末までの間)に開始することができます。
 
ダニは1年を通していつでも開始できます。
 

舌下ってどういう意味? 飲み方は?

普段内服するお薬は舌の上に乗せて、そのままお水で飲む方法がほとんどだと思います。
 
舌下免疫療法の舌下とは字の如く、舌の下にお薬をおくことを指します。
 
お薬自体は唾液と混ざり溶けてしまいますが、すぐに飲み込まず、1分間舌の下にそのまま保持した後に飲み込みます。
 
飲んだ後5分間はうがいや飲食は控えてください。

知っておいて頂きたいこと

① 舌下免疫は毎日内服する必要があり、3年以上が推奨と言われています。(3年飲まないと効果がないということではありません。)
即効性があるお薬ではなく、根気強く続ける必要がありますが、根本的な体質改善を目指すことができます。
 
② 今内服して頂いている他のお薬がすぐに不要になるわけではありません。
舌下免疫療法の効果が出てくれば次第に減らしていったりすることは可能です。
 
③ お薬の副作用は飲み始めの頃に出やすいとされています。
またアレルギー症状が強く出るアナフィラキシーショックが稀に起こることがあります。
 

こんな方におすすめ

大人の方はもちろん、これから進学や受験などを控えているお子様にもおすすめです。
 
まずはアレルギー検査で自分の症状の原因を探ってみましょう。
他院でアレルギー検査をしたことのある方は当院受診時に結果をご持参ください。
 
ご興味のある方は医師までご相談ください。
 
また転居等で当院での治療をご希望される患者様は前医より紹介状をお願い致します。
 

               

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME